よくある質問と答え

衛星放送用テレビ受信設備に求められる性能

衛星放送用テレビ受信設備から漏えいした電波が他の通信サービスに影響を及ぼす場合は、電波漏えいが起きないように対策を講じる必要があります。
総務省では、新4K8K衛星放送で新たに使用される中間周波数(2.2GHz〜3.2GHz)と、他の無線サービス等が影響を及ぼさないように次に示す基準を設けています。

衛星放送用テレビ受信設備に求められる性能

<求められる性能 @>
衛星テレビ放送を良好に受信できること
全てのテレビ端子で54dBμV以上の電波レベルがあること
<求められる性能 A>
その他の無線通信に影響を与えないこと
法令で定められた技術基準を満足すること
  漏洩電力 3mにおける電界強度
衛星1チャンネルあたり
(33.7561 MHz)
−49.1 dBm以下 46.2 dBμV/m以下

総務省:http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/4k8k_suishin/radio-frequency-interference.html

ガイドライン:http://www.soumu.go.jp/main_content/000548578.pdf

▲ページのTOPへ