よくある質問と答え

地デジと障害範囲について

Q:
地デジ受信障害が出ないと聞くが・・・・?
A:
地デジはUHF帯域(周波数470〜710MHz)の電波を使用して都市部の地上に設置された放送タワーや山の上に設置された放送タワーから電波が発射されます。 電波は光と同様に直進する性質を有するため建造物の後方では電波が遮蔽されて地デジが受信できないという現象が発生します。
放送タワーの近くでは建造物の高さにもよりますが電界強度が強いため電波が遮蔽されても所要信号レベルに余裕があるため地デジが受信できない範囲は狭くなります。
一方、放送タワーから離れた電界強度の弱い地域では建造物の影が長く伸びて広い範囲に及ぶことと所要信号レベルに余裕がないため広い範囲で地デジが受信できないという現象が発生します。
そのため地デジの電波がどのように、どの程度来ているかを調査して受信状況を把握することが必要です。

▲ページのTOPへ