よくある質問と答え

集合住宅への新4K8K衛星放送導入の方法

新4K8K衛星放送を共同受信する場合は、1032〜3224MHzまでの周波数に対応した機器が必要になるため、ブースターや分岐・分配器、テレビ端子などの伝送機器を対応しているものに交換してください。
当協会では、新4K8K衛星放送を集合住宅等で受信するために、従来の受信設備の改修を行う場合や新規に受信設備の整備を行う場合に必要となる各種の知識や情報を整理し解説した「新4K8K衛星放送用棟内共同受信設備改修マニュアル」を作成しました。入手ご希望の方は下記のURLへ

当協会会員の方 :会員専用サイト_技術コーナ_技術情報 http://www.catv.or.jp/jctea/company/report/technology/info/20181018_071235.html
一般 の方:協会の出版物_技術資料図書類 http://www.catv.or.jp/jctea/company/publication/index.html



▲ページのTOPへ