受信設備の施工について

新たに使用する左旋衛星放送の中間周波数帯域(2224〜3224MHz)は既に他の無線サービス(衛星電話、BWA、無線LANなど)などで使用されているため、衛星放送用受信設備のシールド性能が低い場合、双方のサービスに相互に影響が発生します。
安心に受信するためには、適切な機器の使用と適切な施工がともに満足されて可能となることより、衛星放送用受信設備に要求される性能を確保し施工を行うことが重要です。

▲ページのTOPへ